×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初めてクレジットカードを持つ人に、解説・申込・お得で便利な使い方を説明しています

初めてのクレジットカード

初めてのクレジットカード

入会申込方法

入会申込は、
 ●お店などで申込書を配布しているのでそれに記入・捺印して郵送する
 ●インターネットオンライン入会
のどちらかを選ぶことができます。最近ではオンライン入会で即日発行というサービスも登場しているのでこれを利用しても良いでしょう。オンライン入会ではSSLという暗号化技術を用いていますので、個人情報も安全に送信できます。アドレスが「https://〜」で始まっているのがこのSSLです。

本人確認について

クレジットカードの申込には本人確認書類の提出が義務付けられています。これは「本人確認法(金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律)」に定められています。申込者の「氏名、住所、生年月日」が記載されている書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)のコピーを申込書に貼付します。オンライン入会の場合は「本人限定受取郵便」という特別な郵便を利用して、郵便局の窓口で本人確認書類を提示する事によって本人に手渡しされる方法をとります。オンライン入会であっても送信した情報が印字された申込書が郵送されてきて、そこに捺印・本人確認書類の貼付をして返送する場合もあります。

審査について

クレジットカードの入会にはカード会社の審査があります。申込書に記載されている情報をもとにしていますので、虚偽記載は絶対にしないで下さい。また、自宅や会社に申込の確認する電話があります。他人がなりすまして申込をしていないか、記載された会社に在籍しているかを確認するものです。
個別の審査内容については公表されていませんが、年齢・年収・勤務先・勤続年数などの項目に点数をつけるスコアリングという手法を用いて、コンピュータが自動的に判断しているようです。なんらかの事情でコンピュータで判断できない場合は、最終的には人間の判断になるでしょう。
これに加えて「個人信用情報機関」というものを利用します。「個人信用情報」とは、あなたが過去にクレジットカードやショッピングローン、キャッシングカードの申込をした際に申告した情報と、クレジットの利用履歴、支払い状況の記録のことを指します。これらの情報はCIC、CCB、全情連という機関に保管されています。銀行、クレジットカード会社、消費者金融会社などが加盟しており、情報機関は中立的な立場で情報を提供しています。
一般的に氏名/生年月日/住所/電話番号/勤務先 /契約日/契約の種類/極度額(限度額)/支払い回数/支払い状況/利用残高/申込履歴/事故情報(延滞や貸倒れ)が記録されています。申込書に記載されている情報が一致しているか、過去に延滞などの事故をおこしていないかなどを参考にしています。申込者が多重債務者にならないような適正審査ができるようにこれらの情報を提供しているのです。
過去にクレジットカードやローンを利用したことのない人はこれらの情報は「該当なし」となります。また、どのような情報が記録されているかは本人が情報機関に問い合わせて確認する事ができます。